その程度の数覚えてるやろ!って、ツッコミながらも人間らしくもあると思うのです。

どーも、きしもとです。

テレビをみてるとたまに、「付き合った人数は?」みたいな、質問を受けてる人たちをみます。

その回答の大半が「2、3人」とか「5、6人」とか数字が2つ並ぶんですが、

えっ?一桁の数字覚えれないの?二桁ならわかるけど、、、3歳児くらいの記憶力じゃん。

大好きすぎて、思いが溢れてどうにもこうにもならなくてって、勇気を振り絞って告白して、月日が流れて様々な事柄を経て、大好きだった人と別れて夜な夜な泣いてたはずなのに、正確に覚えてないって!悲しさのあまり記憶障害になったのかな?

って、ツッコミながらも、そんな見栄っ張りなところが人間らしくもあると思うのでした。

ちなみに、見栄を張る心理状況とか調べると

  • 自信がない(自己肯定が低い)
  • コンプレックスがある

とか出てきます。人間心理を読み解く系で、原因コンプレックスとか自己肯定低いとか多すぎない?あと、コンプレックスね。

なんでも肥満のせいにする医者みたい。

重度軽度あるとは思うけど、コンプレックスとトラウマは誰にでも何かしらあるじゃん。それをしたり顔で言われてもなーって思っちゃうのです。

ルルルルルー♪

関連記事

  1. 夕暮れと夜の狭間では、小沢健二の曲が合うという投稿|ホームページ制作ならオフィスキシモト 岸本優喜(きしもとゆうき)

    夕暮れと夜の狭間では小沢健二の曲が合う

  2. 群衆_lego|月刊とんび|オフィスキシモト

    人が一生で関わる人数が3万人らしい。本当かどうかは知らない。

  3. 日日是好日|月刊とんび|オフィスキシモト|岸本優喜

    日日是好日 2016年ラスト投稿です。ありがとうございます。

  4. 逃げろ、逃げるな、逃げろ、逃げるな、コロコロ変わるよね。

  5. 連載記事を持つことで更新癖を付ける試み

  6. 淀んだ世界の歩き方

  7. 母性

    親知らずと母性

  8. 月刊とんび

    日曜日の深夜にベランダで雲の隙間から見える三日月を眺めながら記述

PAGE TOP