ツラさ成分|月刊とんび|オフィスキシモト|岸本優喜

働くのがツラくなる成分

家族で深夜に焼きそばUFOを食べながらダラダラしてなにげなしに、NHKのニッポンのジレンマを流し見してました。

内容が働き方についてみたいな内容でここ最近なにかと話題の長時間労働のこと話してました。日本と世界とを比べたり実体験から感じたこと話したり。

それをみんなに伝えようとしてるテレビ業界や労働のルールを決める政界がそもそも長時間労働じゃーん。じゃーん。

働くのがツラくなる成分って、単純に時間じゃなくて、自分でコントロールできない要素が多いとツラくなるんじゃない。働く場所、時間、内容、報酬、チームメンバー、承認欲求、知的好奇心の満たされかた、とか、全部他人にコントロールされてるから辛くなると思う。これらを1つでも多く自分でコントロール出来るようになると楽しく仕事出来ると思います。

まぁー、何かあったら大森で一緒に飲みましょう。

関連記事

  1. その程度の数覚えてるやろ!って、ツッコミながらも人間らしくもあると思う…

  2. 知らないことは体験しながら学ぶ。そして自分に向いてるか考える。ストロン…

  3. 淀んだ世界の歩き方

  4. 仲良しグループの呪縛|月刊とんび|オフィスキシモト

    仲良しグループの呪縛

  5. 母性

    親知らずと母性

  6. 子どもと一緒にいたくて自宅に籠る日々

  7. 商店街の悩みはボクの思い描いた未来とリンクする

  8. コロナで投稿を自粛してた訳ではありません

PAGE TOP