淀んだ世界の歩き方

やほい!きしもとです。
1オクターブあげて  きしもとです!!

どうですか? 淀んでますか?
淀んだ世界にいますか?

他者と同じ環境下(学校、会社、チーム、その他諸々)にしばらくいると淀みますよね。特に人間関係はまー淀みますよね!

その淀む世界に踏み入れてしまった時の歩き方はこちらです。

ドーーーーン!
「周りを無視してどんどん新しいこと、好きなことをする」

淀んだ世界での人間関係ってなかなか面白くて、みんな盲目になんの。俯瞰して全体が見えないんだよね。オール想像と主観!

個人的には他者評価を気にしないので、何を言われてようがどーでも良いと思ってます。なぜなら他者によって自分の考えや生き方が変わることはほぼないからね。

本当に大事なことは自分の作りたいモノやコトを淡々と作って、自己満足を高め幸福度をあげることなので、邪魔臭いものはどんどん切り捨てましょう!!沈殿物が流れて淀みが消えたらまた一緒に過ごせばいいのです。


A rolling stone gathers no moss.
転がる石には苔がつかない

「苔」をどう定義するかでこのことわざの意味って変わるけどね。自分に都合の良いように解釈すれば良いのです!!!

Like A Rolling Stone と歌ったボブディランの気持ちは知らないけど、鼻歌交じりに好きなことをするだけです。一人なら一人、二人なら二人、三人なら三人、その時その時のメンバーで、淡々と好きなことをするだけです。

関連記事

  1. 肩書きライフ|月刊とんび|オフィスキシモト|岸本優喜

    肩書きはどーでもいいと言う人ほどなかなかいい肩書き背負ってる。良くある…

  2. ホームレスのおっさんたちと仲良くなって聞いた話

  3. ああああああ(どーでもいい話)

  4. 麻雀

    ゆく年くる年と2017年麻雀結果

  5. やってもうた!

    バックアップは結婚記念日を覚えるくらい大事

  6. 喜怒哀楽の「喜」と「楽」の違いがよくわからないから考えてみた

  7. faavo 怪談

    僕らが過ごしたあの夏は夢じゃない

  8. 月刊とんび

    日曜日の深夜にベランダで雲の隙間から見える三日月を眺めながら記述

PAGE TOP