こんには宇宙です。世界は自分の中にも広がっている話

どーも、きしもとです。

刺激を求めて外に飛び出す人は多いと思います。繁華街だったり、違う街だったり、外国だったり、広い世界へ!

みたいな、

ボクはオレの中も広いけどなって思ってるのです。

全容が見えない点では宇宙と変わらないと思ってます。むしろ宇宙です。こんにちは宇宙です。

人と対話をし、美しい景色みて、異文化に触れてみたいなのがTHE体験みたいな感じになってますが、インターネットでフェイクニュースを斜め読みしたり、漫画読んだり、アニメを流しながら仕事したりするのも立派な体験です。

優劣は無いはずなのに、前者を優とし後者は劣とされることがまぁー多いです。

その価値観は本当に自分で考えた価値観なのか良く考えた方が良いと思います。

寝るときに目を閉じて、自分が海底にスーと、どこまでと沈んでいくイメージすると、どこかでビクッて身体が反射的に動くのとか、逆に空に上がってくイメージすると宇宙に行くあたりで、「幽体離脱しちゃうかも?」と、頭よぎった瞬間に天井くらいにイメージを戻されたり、何を言いたか見失っているのも宇宙だからです!

最終的に伝えたいのはゴールデンウィークは自宅でのんびりしたいってことです。車運転したくないのです。

関連記事

  1. 月刊とんび

    日曜日の深夜にベランダで雲の隙間から見える三日月を眺めながら記述

  2. 思考遊戯

    人間を悩ませるキラーフレーズ「意味」

  3. 月刊とんび再開

    昔「月刊とんび」という日記サイトやってました。今日から再開です。

  4. やってもうた!

    バックアップは結婚記念日を覚えるくらい大事

  5. 赤ちゃん|月刊とんび|オフィスキシモト

    産んでくれて、産まれてくれてありがとう

  6. 麻雀

    ゆく年くる年と2017年麻雀結果

  7. 商店街の悩みはボクの思い描いた未来とリンクする

  8. 肩書きライフ|月刊とんび|オフィスキシモト|岸本優喜

    肩書きはどーでもいいと言う人ほどなかなかいい肩書き背負ってる。良くある…

PAGE TOP