何かのためは自分からの逃避である

どーも、きしもと(腹ペコ)です。

40歳になったあたりでボクの周りには、自分ではない何かのために、ものすごく頑張ってるというか、没頭してる人って結構いるのです。

エリック・ホッファーさんも書いてますが、

他者への没頭は
それが
支援であれ
妨害であれ
愛情であれ
憎悪であれ
つまるところ自分から逃れる為の手段である

他人にかまってないで、自分を満喫すればいいのになって思うのです。

思うのです。

思うのです。

腹ペコです。

関連記事

  1. 淀んだ世界の歩き方

  2. 商店街の悩みはボクの思い描いた未来とリンクする

  3. 連載記事を持つことで更新癖を付ける試み

  4. ネコとオレ

    お金の無い時に暇つぶしにやることって歳をとってから価値が出る

  5. 月刊とんび

    怒れる人は名セリフをいう

  6. 肩書きライフ|月刊とんび|オフィスキシモト|岸本優喜

    肩書きはどーでもいいと言う人ほどなかなかいい肩書き背負ってる。良くある…

  7. こんには宇宙です。世界は自分の中にも広がっている話

  8. やってもうた!

    バックアップは結婚記念日を覚えるくらい大事

PAGE TOP