何かのためは自分からの逃避である

どーも、きしもと(腹ペコ)です。

40歳になったあたりでボクの周りには、自分ではない何かのために、ものすごく頑張ってるというか、没頭してる人って結構いるのです。

エリック・ホッファーさんも書いてますが、

他者への没頭は
それが
支援であれ
妨害であれ
愛情であれ
憎悪であれ
つまるところ自分から逃れる為の手段である

他人にかまってないで、自分を満喫すればいいのになって思うのです。

思うのです。

思うのです。

腹ペコです。

関連記事

  1. 逃げろ、逃げるな、逃げろ、逃げるな、コロコロ変わるよね。

  2. やってもうた!

    バックアップは結婚記念日を覚えるくらい大事

  3. 月刊とんび再開

    昔「月刊とんび」という日記サイトやってました。今日から再開です。

  4. 知らないことは体験しながら学ぶ。そして自分に向いてるか考える。ストロン…

  5. 群衆_lego|月刊とんび|オフィスキシモト

    人が一生で関わる人数が3万人らしい。本当かどうかは知らない。

  6. 仲良しグループの呪縛|月刊とんび|オフィスキシモト

    仲良しグループの呪縛

  7. 夕暮れと夜の狭間では、小沢健二の曲が合うという投稿|ホームページ制作ならオフィスキシモト 岸本優喜(きしもとゆうき)

    夕暮れと夜の狭間では小沢健二の曲が合う

  8. 連載記事を持つことで更新癖を付ける試み

PAGE TOP