子どもと一緒にいたくて自宅に籠る日々

ハロー!皆さま

岸本です。

ボクはここ1年半くらい仕事の内容だったり、仕方を少し変えて週5日自宅作業する感じにしました。

理由としては、電車に乗りたくない、昼寝したい、の他に、子どもと一緒にいたいからです。

呑み行くのも0時からなのでほぼ子どもと一緒に過ごしてます。ママよりも一緒にいます。

歳が近い人と話すと大抵お仕事の話しになり、もっと稼がないの?とかお金に興味がないの?とか聞かれますが、
興味なくはないけど、別に現状稼げて暮らしていけるのでそれよりも今は子どもと居ることの方が面白く価値が高いと思ってるのです。

って、言うのも子どもに相手してもらえるのって、ボクの感覚では中学まで何すよね。女子は知らないけど。
うちの子は来年中3なのでタイムリミットが迫ってるわけです。

年齢を重ね仕事がひと段落して、公園で遊ぶ子ども達を眺めながら、「子どもともっと一緒の時間を過ごせば良かったな、、、」みたいな、後悔しない未来ケアをしてるわけです。

とりとめのない現状報告でした。

関連記事

  1. 月刊とんび

    怒れる人は名セリフをいう

  2. ツラさ成分|月刊とんび|オフィスキシモト|岸本優喜

    働くのがツラくなる成分

  3. ああああああ(どーでもいい話)

  4. 2018年ハマったもの「モーニング娘。」と「男はついらいよ」モーニング…

  5. 月刊とんび

    日曜日の深夜にベランダで雲の隙間から見える三日月を眺めながら記述

  6. faavo 怪談

    僕らが過ごしたあの夏は夢じゃない

  7. 連載記事を持つことで更新癖を付ける試み

  8. 月刊とんび再開

    昔「月刊とんび」という日記サイトやってました。今日から再開です。

PAGE TOP