興味の賞味期限

ハロー岸本です。

SNSのおかげで数多くの他人様の活動が可視化されるようになりました。
そして自分の好奇心を刺激する「人」や「イベント」なんかも見つけやすくなり、その人とコミュニケーションとれたり、イベントに参加できたりが容易になりました。自分の世界が広がっていく期待感が半端ないです!というのが、最初の頃の話しです。

興味があって繋がった人やイベントも何回か会って会話したり、参加してると毎度お馴染みの「しがらみ」が生まれます。
予想できる会話、どこかで見た映像、惰性の笑顔。
そしてしがらみに汚染された人の投稿は、誰かの目を気にしているようなどこか当たり障りのない文章になります。
それを見た瞬間に興味がスーッとなくなります。興味の賞味期限が切れる瞬間です。(お前への興味も無いわボケ!って声がうっすらと聴こえてきそうですが、気にしたらドス黒いモノに飲み込まれるので耳を塞ぎます。)

そうやってボクの興味は世界の車窓の風景のように流れていくのでした。ゴンチチの音楽が似合う文章かけるようになりたいなと思う今日この頃です。今適当なこと書きました。世界の車窓に引っ張られました。精進します。

それではまた!

あ、それではまたじゃないや。お仕事用のホームページの投稿だった。

で!(無理やりまとめるときの手法)

サービスを作って運営するときに大事なのは既存会員を飽きさせないことってことです。最初に興味を持ってもらったら、その1つだけで戦うのではなく、あくまできっかけを活かしどうしたら長く使ってもらえるか長く楽しんで貰えるかを必死に考えて運営していくのが大事です。新規獲得も大事ですが、既存会員を逃さないことも同じくらい大事なのです!

興味の賞味期限がどんどん延びるように頑張ってください。

誰に対して言っているかさっぱり分かりませんが、、いろいろ見失ってますが、それではまた!

関連記事

  1. 夕暮れと夜の狭間では、小沢健二の曲が合うという投稿|ホームページ制作ならオフィスキシモト 岸本優喜(きしもとゆうき)

    夕暮れと夜の狭間では小沢健二の曲が合う

  2. ホームレスのおっさんたちと仲良くなって聞いた話

  3. その程度の数覚えてるやろ!って、ツッコミながらも人間らしくもあると思う…

  4. 不毛な論争を勝手に判定する男です

  5. 子どもと一緒にいたくて自宅に籠る日々

  6. 何かのためは自分からの逃避である

  7. ネコとオレ

    お金の無い時に暇つぶしにやることって歳をとってから価値が出る

  8. ある早朝の15分の話

PAGE TOP