月刊とんび

日曜日の深夜にベランダで雲の隙間から見える三日月を眺めながら記述

ネガディブ思考が一周回ってそうみえてるだけなんじゃないかな。

いつも、「死ぬ間際に後悔したくない」って、脅迫概念というか追い詰められてて、
この後悔の芽を摘む作業に追われて行動してるだけなんだもん。

正直めんどくさいこともたくさんあるし、やりたくないこともたくさんあるけど、
今発言しないと、今動かないと後悔するだろなーって、思っちゃうから、、、
まー、動いた結果いろいろ得ることも多いので結果オーライになるんですけどね。
誰かの幸福につながることができたときは、二度寝くらい気持ちい気分になれるし。

三日月が雲に隠れても雲がぼんやり明るいから三日月の位置がわかる。
こんだけベランダいるにに流れ星見たこと無い。39年間生きてても見たこと無いかも。記憶にないな。

関連記事

  1. 淀んだ世界の歩き方

  2. 群衆_lego|月刊とんび|オフィスキシモト

    人が一生で関わる人数が3万人らしい。本当かどうかは知らない。

  3. クラウドファンディングっていいよね。

  4. ホームレスのおっさんたちと仲良くなって聞いた話

  5. 6500グラムに告ぐ

  6. やってもうた!

    バックアップは結婚記念日を覚えるくらい大事

  7. ツラさ成分|月刊とんび|オフィスキシモト|岸本優喜

    働くのがツラくなる成分

  8. 麻雀

    ゆく年くる年と2017年麻雀結果

PAGE TOP